合同会社とは

近年、新たに注目を集めている会社形態として合同会社があげられますが、合同会社とはどのようなシステムになっているのでしょうか?
ここでは合同会社について詳しく説明していきますので、これから会社設立を考えている方は是非参考にしてください。

はじめに合同会社のもっとも大きな特徴は株式会社のような役員を置かないところにあり、基本的に社員全員が平等な立場で仕事をします。
株式会社の場合、代表取締役がいて監査役など役員がいますが、合同会社はそういった特別なポジションを設けることはせず、代表社員という形を採用しています。
いくら全員が同じ立場で仕事をするとは言え、公の場へ出ていくときに全員で行くわけにもいきませんから、そういったときのために代表社員というポジションを用意しています。
つまり上に立って権力を持つのではなく、あくまでもみんなの代表という形なので、株式会社の役員とはまったく違う役割なのです。
その背景には合同会社は社員全員が出資者であり、有限責任社員であることがあげられます。

次に設立方法ですが、これは基本的な会社設立と大きな違いはなく、各種手続きをしたり、定款を作成し、登記を行って税務署に開業届を出し設立となります。
ただし定款の作成は必要でも認証の必要がありませんから、収入印紙代の40,000円も用意しなくてもいいので、設立費用が安くなります。
登録免許税も60,000円と安いので設立費用という面では大きなメリットがあります。

ほかにも社債発行が可能なので資金調達の幅も広いですし、もともと全員で出資し合って設立しているのでひとりひとりの負担が小さいのも魅力でしょう。
このように合同会社とはみんなで作り、みんなで運営していくスタイルの会社形態で、日本ではまだそれほど認知度があるわけではありませんが、欧米ではすでによく知られています。
今後日本でも合同会社を選択する企業を増えていくことが予想されています。