合同会社にかかる費用

会社設立は個人事業主の開業とは異なり、たくさんの費用がかかるイメージがあります。
株式会社の場合、設立費用だけでもおよそ200,000円から240,000円程度はかかりますし、そのほかにも資本金や各種手数料を支払わなければなりませんから、十分な準備が必要です。

特に資本金は会社設立にかかる費用に加えてスタート後3か月分の運営費を賄えるくらいはないといけませんから、準備にも苦戦する可能性があります。
それでは合同会社を設立する場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

まずはじめに設立費用を見てみると、定款の認証が必要ありませんから公証人手数料はかかりません。
次に定款の作成にあたって紙の定款にする場合は株式会社同様に収入印紙代40,000円を支払わなければなりませんが、電子定款にすれば0円です。
電子定款にする場合、司法書士や行政書士など専門家に依頼することになりますが、数万円程度でやってくれるので紙の定款よりも安く済みます。
さらに登録免許税は株式会社の半額以下で60,000円になりますから、全体の設立費用は株式会社よりも圧倒的に安いです。
電子定款にする前提でも専門家への依頼料込みでだいたい100,000円前後が相場です。

そしてもっとも苦労する資本金の準備ですが、合同会社は株式会社と違って一部の役員のみが出資するわけではなく、社員全員が出資者になりますから、ひとりあたりの負担は株式会社よりも少なくなることがほとんどです。
一緒に働く仲間が多ければそれだけ分割できますので、合同会社は株式会社よりも会社設立しやすいと言えるでしょう。

そのほかにかかる費用としては会社で使う備品を揃えたり、印鑑証明などの取得料やインターネットを契約する際の料金、店舗を借りる場合は賃料や敷金・礼金などが必要になります。
いずれにしてもスムーズに手続きを進められるように費用はあらかじめ確認し、どこにいくら使うか分かるようにしておきましょう。