合同会社に必要な書類

会社設立のために必要な書類は会社形態によってやや異なりますが、合同会社の申請書類はどんな書類を用意する必要があるでしょうか?
まず必要書類を用意するときに一番わかりやすいのは登記申請する際に必要な書類をリスト化することで、ここが分かっていればあとは取得する順番を決めていけばいいので簡単です。
合同会社の場合、登記申請時には合同会社用の登記申請書、登記用紙と同じ用紙を一枚、定款を2部、代表社員の印鑑証明書、資本金の払込証明書、印鑑届書、代表社員承諾書、本社の所在地と資本金の決定書です。

まず一番最初に取得するのは印鑑証明書や印鑑届書で、この2つの書類はそれぞれ市町役場で手続きができますし、時間もかからないので早めにやっておきましょう。
印鑑は会社用に使うものなので新たに作成する場合はあらかじめ準備しておいてください。

次に定款の作成に入りますが、ここがひとつのターニングポイントになります。
定款は会社のルールブックのようなもので、会社名や会社の所在地、事業目的のほかに運営形態や資本金などを記載します。
最近では電子定款が主流になっていて、電子定款にすると収入印紙代がかかりませんからお得です。

定款の作成が終わったら次は資本金の振り込みを行いますので、払込証明書を準備します。
同時に代表社員の承諾書や本社の所在地と資本金の決定書も作成してしまうといいでしょう。

最後に登記申請書を作成しますが、これは個人でもできますが初めての場合は専門家に依頼したほうが無難です。
登記申請書は法務局への提出書類なので司法書士のみが作成できますから、依頼するときは司法書士のいる事務所へ頼みましょう。
尚、電子定款も依頼できますので一緒に依頼しておくと安心です。

このように合同会社を設立するときにも株式会社ほどではないにせよ必要書類は多いので、漏れのないように注意しなければなりません。
冒頭でも言いましたが、リスト化しておくとすぐにチェックできるのでまずはリストを作成するところからはじめてください。