合同会社のメリット

会社設立の際に合同会社を選択肢に入れる人が増えているそうですが、合同会社にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
まずもっとも大きなメリットとしてあげられるのは「設立費用の安さ」で、これは株式会社と比べるとかなり安いことが分かります。

株式会社の場合、公証人手数料が50,000円、紙の定款にするなら収入印紙代が40,000円、登録免許税が1500.000円、その他手数料などもかかっておよそ200,000円から240,000円かかります。
一方合同会社は定款の認証をしなくてもいいので公証人手数料が0円ですし、定款も電子定款にすれば収入印紙代もかかりません。
くわえて登録免許税は株式会社の半分以下で、60,000円ですから、手数料を含めても60,000円ちょっとで設立できてしまいます。

また、会社設立時にもっとも苦労する資本金の準備ですが、株式会社の場合は役員や株主が出資者となる一方、合同会社は社員全員が出資するのでひとりひとりの負担が小さくなります。
基本的に全員でお金を出して全員で働く平等なスタイルが特徴なので、ランニングコストも安いですし、社債発行も可能ですから資金調達の幅も広く、コスト面では株式会社よりも圧倒的にメリットがあると言っていいでしょう。
さらに税制も株式会社と同じなので節税対策もしやすくなっています。

こうした平等な環境で働けますから、その点も大きなメリットで、たとえばこれから会社設立したいけど自分だけで経営するのではなく、みんなで会社を育てていきたいという考えの人には向いています。
社員全員が有限責任社員なので責任もひとりひとりに分散されますから、何かトラブルがあったとしても被害を最小限にとどめることができます。
このように合同会社は株式会社にはないメリットがたくさんありますから、株式会社しか選択肢になかった人や一度株式会社で失敗した人は検討してみる価値があるのではないでしょうか?