合同会社設立の手続き

会社設立を検討している方の中には合同会社を選択したいという人もいると思いますが、株式会社と比べると情報量がまだまだ少なく、どういった手続きが必要なのか分からない人もいるでしょう。
そこで今回は合同会社を設立するときの手続きについてお話していきます。

合同会社は株式会社よりも手続きの数が少ないので、会社設立そのものの難易度は下がります。
しかし重要な手続きは株式会社も合同会社も同じですから、ひとつひとつ確実にクリアしてけるように注意してください。

まず最初にやるのは会社設立に向けた準備で、これは会社名や会社の所在地、事業目的など会社の基盤となる部分を一緒に出資する仲間とともに話し合ってください。
合同会社の場合、社員全員が出資者になるわけですから全員が同じ方向を向いていなければなりませんし、少しでも不満な点があるうちは次のステップに移らないほうがいいでしょう。

ここが決まったら次は定款の作成に向けて動き出しますが、まずやることは紙の定款にするか電子定款にするかです。
紙の定款の場合、収入印紙代が40,000円かかりますので、今は電子定款を選択する人がほとんどですが、電子定款は専用のソフトを必要としますので専門家の力を借りるのがおすすめです。

定款の作成が終わったら資本金の振り込みを行い、登記書類の作成に入ります。
登記書類は法務局へ提出する大切なものですから、漏れのないようにしっかりチェックして揃えてください。
また、登記書類の作成に不安がある場合は司法書士に依頼すると代行してくれるので、定款の作成を合わせてやってもらうといいかもしれません。
すべての必要書類をそろえたら法務局へ登記申請をし、晴れて会社設立となります。

その後は税務署に開業届を出したり、会社の備品を購入したり、インターネット回線の契約など必要な手続きを順番に行っていきます。
このような流れで合同会社は設立できますので、スケジュールを組んで進めていきましょう。